横浜の不用品回収業者が遺品整理を行って起きたトラブル例

最近は遺品整理を業者に依頼する人が増えているようです。

私はまだそういった経験はありませんが、会社の同僚が先日身内の方の遺品整理をしたそうですが、トラブルもあったようです。

横浜にも遺品整理を行う不用品回収業者がありますが、起こる可能性があるトラブルは何かを調べてみました。

【遺品整理の流れについて】

遺品整理とは故人の残したものを整理して形見として残すものと不用品として処分するものに分けることです。

業者によって作業内容の違いは多少ありますが、一般的には遺品の分別、まだ使えるものは買い取る、不用品を適切に処分する、遺品の供養、部屋の掃除などが行われます。

【遺品整理でのトラブルとは】

遺品整理をする業者には、遺品整理士という資格を持つ人が数人在籍する場合が多いです。

普通の不用品回収とは違い、遺品を分別するのは結構難しいものです。

こういった資格を持たない、遺品整理について勉強していない業者が「遺品整理」を行うと、遺族とトラブルになるケースが多いようです。

例えば故人が大事にしていたものを確認もせず廃棄したとか、遺族の気持ちに寄り添っていない、ただ不用品を回収して捨てただけだといった苦情があるようです。

【信頼できる業者選びを】

不用品回収と遺品整理を同時に行う場合、正当な遺品整理を行っている業者を選び、依頼するようにしましょう。

きちんとした服装(制服)を着ているか、故人や遺族に対する気持ちが感じられない業者は選ばないようにしましょう。

横浜には遺品整理と不用品回収をきちんと行う業者もあるようですよ。

■関連ニュース>遺品整理を依頼する業者選びはここで見分ける – ライブドアニュース